投稿日:

心理学の本

あまり本屋に立ち寄ることがないのですが、子供の用事で本屋に付き添うことになりました。
日頃は電子書籍を利用しているので、実際に本屋に行くと言うことが少なくなってきているような気がします。
電子書籍で本を購入していると自分がいるものだけを狙って買うわけですから、他にどのような本があるのかと言うのが分からないというのも正直ある様な気がします。
本屋に行ってブラブラと歩いていると普通であれば手に取らない本を手に取ったり、という事もありますからね。
この間本屋に行った時に感じたのは心理学に関する書籍が多いと感じましたね。
現代社会において心理学と言うのがとても必要とされていると言うところなんでしょね。
本格的に心理学の勉強をしなくても、少し知っておくだけで日頃の生活に役立つと言うことがあるのだと思います。
私もついつい心理学の本を手に取ってパラパラと見てしまいました。
正直分かり切っていることをと思うようなこともありますが、それが日ごろの生活で生かされていないと言うこともあると思います。
そういったことを考えると確認作業と言う意味でも心理学の本は楽しめるのではないでしょうか。
本屋に行った時に心理学の本がたくさんありすぎてどれを選べば良いのか分からないといった感じだったので、ネットで調べて今度一冊購入してみようと思います。