投稿日:

精神科訪問看護について

精神科を受診している人は、病院で治療を受けるだけでなく、在宅で生活を送りながら治療をする選択肢があります。
もちろん、それが可能になるためには、医療機関専門スタッフのサポートが受けられることは、欠かせない大切な条件だといえます。
ちなみに、「精神科訪問看護」を行うスタッフは、看護師をはじめ、精神保健福祉士、作業療法士などで、そのためには、主治医の指示箋と本人や家族の承諾書が必要になります。
また、訪問看護の対象になるのは、在宅での生活を送るためにさまざまな支援が必要な人です。
具体的にいうと、服薬の管理をすることが難しい、外出が難しく閉じこもりがちの生活になる、コミュニケーションがうまくいかずに悩んでいる、などが挙げられます。
また、訪問看護の目的のひとつに病気の再発予防があり、前述した服薬の管理のほか、体調や病状の把握なども含まれています。
さらに、自立のために必要な技能の取得、役所での手続きや就職サポートといった支援も行われており、訪問看護の重要性が注目されています。
訪問看護を受けるためには料金の自己負担も心配ですが、各種保険が使えるほか、「自立支援医療」の適用を受けることも可能です。